【歴史】太平洋戦争での敗戦の原因、インパール作戦のような兵站を軽視した戦いが実行された背景に“石田三成の存在”

1 :樽悶 ★:2019/05/19(日) 17:01:28.01 ID:PAKtTQVW9.net

※省略

 日本の太平洋戦争での敗戦の原因、特にインパール作戦のような兵站を軽視した戦いが実行された背景には、石田三成の存在があるのではないか……。

 こんなふうに書くと三成の子孫やファンに怒られるかもしれないが、この家人の出来事のあと、歴史上のイメージで真っ先に思い出したのがこの“太平洋戦争三成責任論”だった。

※省略

 三成について『戦国武将合戦辞典』(吉川弘文館)は、「武将ではあるが、その本領は軍事よりもむしろ吏務に長じ、五奉行中随一の実力者として政務の処理にあたり、内政面での功績が大きかった」としている。

 その一方で三成につきまとうイメージは戦下手。映画にもなった『のぼうの城』(和田竜、小学館)で三成は、水攻めなどを用いて忍城を攻めるも、結局落とすことができず、まさに戦闘では役に立たないような武将として描かれている。

 さらに三成のイメージを悪くしている一つに、文禄・慶長の役(秀吉による朝鮮侵略)での軋轢だ。奉行として渡海するなどした三成だったが、前線で戦うことはなく、その役目は食糧の輸送や戦闘状況をチェックしての秀吉への報告だった。報告の中には三成が処分を求めて実際に処罰されてしまった武将もいたものだから、加藤清正や黒田長政ら前線指揮官の武人派からは「ちくり」だと怒りを買ってしまう。

※省略

 ではなぜ、三成が太平洋戦争の敗戦に影響しているのかというと、またしても『戦国武将合戦辞典」の記述を拝借したい。戦闘能力が高かったとの記述はないが、「戦陣に臨んでも兵站関係や占領地の処理にその手腕を発揮した』とある。

■文禄・慶長の役でも兵糧が滞ることはなかった

 兵站とは、戦闘地帯の後方にあって食糧や軍需品の供給・補給などにあたる活動のことだ。いくら屈強な兵士を集めても腹が減っては力も出ない。どんなに武器の扱いに熟練していても、肝心の銃や戦闘機がなければ最新鋭のアメリカ軍には太刀打ちできない。

 三成はこうした兵站、つまりロジに長けていたというのだ。実際に、当時は前代未聞とされた20万以上もの軍勢を動員した九州攻めで兵站の役割をこなし、海を渡った文禄・慶長の役でも兵糧が滞ることはなかったとされる。

■「餓島」とも呼ばれたガダルカナル島

 太平洋戦争では多くの日本軍兵士や軍属が太平洋の島々などで餓死したとされる。その事例として挙げられるのが、インパール作戦や、「餓島」とも呼ばれたガダルカナル島での戦いだ。太平洋戦争全体の全餓死者数の公式記録はないものの、ある研究では200万人を超える軍人軍属の戦没者のうち、餓死・戦病死者は140万人にも上るという推察もあるぐらいだ。

 この三成と鋭く対立したことで知られる加藤清正は、日清戦争や日露戦争で清正を祀る神社や寺で戦勝祈願が行われるなど「軍神清正」としてあがめられることになったという。清正は朝鮮での虎退治や餓死寸前にまで追い込まれながら起死回生の勝利をあげた蔚山城の戦いなどの武功もあり、猛将と描かれることが多い(実際には熊本城築城や治水など行政手腕にも優れていたのだが……)。

 まさか、「清正のように食糧がなくても気力で勝てる」と昭和の日本軍が宣伝したことはないだろうが、現在でも陰湿なキャラ設定が多い文治派武将と比べて、清正のような猛将型武将は豪放磊落とどこかいいイメージで描かれることがしばしばだ。

 関ヶ原の戦いを契機として、戦争では勇ましさが好まれ、逆に三成のような兵站の重要性は省みられなくなったのではないだろうか。豊臣政権の五奉行のうち三成を含む三人が敗者となり、五奉行ではないが三成と同様に輸送や兵站で優れ、西軍の主力を構成した大谷吉継や小西行長も三成と運命を共にしたことも、兵站軽視思想に拍車をかけたのかもしれない。

 小西行長を描いた『鉄の首枷』(中公文庫)の中で遠藤周作は、「主計(会計)将校の孤独」という章をわざわざ設けて、「輜重(武器、兵糧などの軍需物資)部隊の指揮官であることが前線将校の侮蔑を受ける」と記している。

 これは、明治維新以降、軍隊が近代化してからも、陸軍士官学校、海軍兵学校など前線指揮官ことこそが花形であり、遠藤は「主計将校を幼年学校や陸士出将校たちがむしろ軽侮の眼で見たのは日本陸軍の伝統」として兵站を扱う人材は脇役であり続けたことと重ね合わせている。(続きはソース)

2019年5月19日
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16169

572 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:23:09.25 ID:jrUEVqaR0.net

>>548
「アーロン収容所」でも牟田口やその上司やらが叩かれてるよな
ビルマまで芸者を読んで芸者遊びしてるのを目撃したって

「アーロン収容所」ってネトウヨは、コバ本で引用されたイギリス軍の
ひどい仕打ちだけしかしらないが、あの本の90%は日本軍への批判で
構成されている。イギリス軍批判なんてちょっとだけw

57 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:19:22.54 ID:1hEyB4zC0.net

>>1
面白かった。
こういう視点、良いね。

849 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:47:35.86 ID:xnCBd7aN0.net

石油止まったら1週間で大量死が始まる

414 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:06:19.36 ID:B0/bEk9x0.net

>>387
そりゃ太平洋の嵐みたいに1日中物資を送る手配し続けて、1ターンも進まないんじゃな。

897 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:51:08.96 ID:h4ifnnAX0.net

人を軽視する発想になるのも大体は”そっち系”だからね。それは非常に危険な発想でね。

光武帝がいなくても漢の再興は成し遂げられたか、そういう話になるからね。

「朝鮮人の僕でも出来たよ!」とでも言いたいんでしょうね、朝鮮人はそんなのばかりだからね。

少なくとも私にはフォンノイマンの真似は出来ませんからね。

ちょっとくらいは彼のことが理解できるくらいにしか思えない。

585 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:24:26.09 ID:7dOkN04n0.net

豊臣の悲劇は秀長が早死にしたこと
秀吉の暴走を止めるやつがいなくなった

85 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:27:03.98 ID:YeTMXiX40.net

中国と戦いながら連合国とアメリカと戦っても勝ち目があると思ってた時点で致命的にアホ

支那戦線を終わらせてからやるべきだし
連合国宣戦とアメリカ宣戦を同時にやる意味がわからない

イギリスと戦っている途中なのにソ連に宣戦布告したヒトラーに匹敵するアホさ

155 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:37:55.06 ID:uLh7CAdw0.net

現在の自衛隊だって同じく年功序列の順繰り人事だろ
過去のことに文句いうのは簡単だが

638 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:29:42.32 ID:UwocbLpT0.net

>>626
「補給隊を狙おうぜ」なんてよくあること
前線より安全というわけでもない

714 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:36:35.45 ID:k2HVCZau0.net

今の時代でもそうだけど、人の命を何とも思わないサイコパス野郎が出世しやすい社会構造の問題だと思う

806 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:44:20.02 ID:84qlbjaX0.net

海軍が物資輸送用の潜水艦を貸してくれないので、
日本陸軍が自前で潜水艦作って運用した話とかあるよなw

178 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:40:50.67 ID:lEa9zdsr0.net

>>4
石田三成が10人いれば勝てた的な?

126 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:33:43.18 ID:44+dstxh0.net

>>114
いやいや、劉邦は勲功第一は蕭何としているよ。
劉邦はヤクザの親分上がりだから、子分を食わせるということの重要性をよくわかってた。

398 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:05:00.98 ID:B0/bEk9x0.net

>>354
いや、だからB-29のBはBomberのBだろ。
ボーイング製じゃないB-24リベレイターは何のBだと言うんだ?

830 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:46:26.32 ID:jiscow1cO.net

指揮官が最前線という意味では 信長

信長の戦略は 攻略を決めたら
現地に城を建てて 信長本人が居城して
周囲の人民を掌握からはじめる
超がつくほどの正攻方だよ

955 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:56:41.55 ID:7dOkN04n0.net

>>940
単に戦下手
のぼうの城圧倒的有利なのに完敗だし

898 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:51:09.69 ID:CvuDggO80.net

>>832
無理だったとして、なんで無理だったかを調べると、より理解が高まるヨ

>>867
日本は爆薬が精々で、戦車の下に放り込んで、底やキャタピラーを破壊する

82 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:26:06.01 ID:g3PNPdgF0.net

牟田口は死ぬまで「全て部下のせいだ」とパンフレットを作って配っていたクズ

905 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:51:38.67 ID:/4DghL3z0.net

>>815
日本にとって総力戦は初めてだったからなあ。
米英独露は第一次世界大戦で総力戦の経験があったから。
アメリカ軍なんか週刊アメリカ軍で毎週1万人ヨーロッパに派遣してたんだよな。
こういう経験則が無いのは、特に陸軍にとってはハンデだったね。

104 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:30:13.29 ID:KbN7gW6e0.net

>>93
アメリカが勝たなくても、日本人の方が数で圧倒的に少ないから崩壊していたよ
戦争だから何をやってもOK っていうネトウヨみたいな奴も当時ゴロゴロ居ただろうしね

420 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:06:53.31 ID:MRp2mvp70.net

米国を敵に回した事だろ。

といって、
米国が日本の味方になる可能性はないけど。

543 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:19:59.40 ID:/vKZqbMU0.net

>>463
吉良義央の評価は一周回ってクズで確定してるでw

184 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:41:35.92 ID:/vKZqbMU0.net

日本軍のあの伝統は長州と薩摩の下克上上等の組織空気やろ
幕府潰した三傑が戦犯

933 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:54:20.91 ID:ANvd66cj0.net

>>815
と言うか不運が重なりすぎた

・日露戦争の勝利で国中が「神州日本は不滅」という成功体験に取り憑かれる
・大正デモクラシーの頃は「お前らは俺等の税金で美味いもの食えてええのう」と軍人を誂う人間が居るくらいには反軍反戦思想は残っていた
・昭和恐慌による不景気で娘の身売りが当たり前の荒んだ時代に突入
・五・一五事件、二・二六事件により「政治家のアホどもよりも兵隊さんのほうが日本のことを考えてくれる」という幻想が世論に広がる
・海軍軍縮条約やら国際連盟脱退などのニュースをマスコミが派手な見出しや記事で取り上げて「米英列強けしからん」という空気が作り出される
・陸海軍でも日米の国力差や世界情勢を鑑みて三国同盟に反対したり日米開戦反対論者も居たが右翼や開戦派による脅迫などにより意見を殺される

戦前のメディアの責任もあるけど日露戦争で勝った頃から色々狂い始めてる

424 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:07:07.55 ID:C1YBcgRr0.net

全ての裏にアベの姿が見えるパヨク病かよ

499 :名無しさん@13周年:2019/05/19(日) 18:16:27.26 ID:P986x5zL1

全文再掲。
今なら金正恩が平潭でなく兵站を全く無視した指導者!
韓国の大統領以下国民、
日本の総理大臣以下全代議士官僚。
皆そうである。
兵站無視する者の共通が発言と顔にアリアリと現れるから不快そのものになる!
まぁ日本はその国民のプロジェクトされる質点が
巌に固定される迄かなりの時間を要するが^ ^
何度か焼死体や溺死死体になったり、
生き埋めされたりと運動会の繰り返しを
せんとならん兵站時間を要するがσ^_^;
そんな頭は竹中にあるはずもなし!

123 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:33:24.69 ID:KbN7gW6e0.net

>>105
石田三成の為に働くのが馬鹿らしかったんだろうよ
友軍がほとんど派遣や契約みたいな社員 そりゃあ全力でやる奴はおらんわな

611 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:27:03.77 ID:qRobwiOI0.net

>>522
実際、布張りの練習機で特攻した部隊もあって、布張りゆえ、機銃弾が炸裂しない、レーダーに感知されにくいなどの効果があったからねぇ。
なんという皮肉。

801 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 18:43:49.42 ID:CvuDggO80.net

>>762
日本陸軍の予算の4割近くを戦車が取っていたが碌な戦車が作れなかった

そんなのよりも日本に必要だったのはパンツアーファイストだったワ

28 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:10:59.90 ID:9B7boCLr0.net

>>23
陸海軍中央協定あるから仕方ないだろ、派遣しなきゃ