【純文学】文学がネット時代に生き残るには「作家の想像力」が重要だ―『文学界』編集長が語る

1 :muffin ★:2019/05/23(木) 13:46:06.48 ID:4hCEzz2A9.net
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/05/521-6.html
2019年05月23日

純文学を掲載する「文芸誌」の発行部数が、昔に比べて発行部数が落ち込んでいます。これからの社会で、文学や文芸誌は生き残っていくことができるのでしょうか。老舗文芸誌『文学界』の編集長・武藤 旬さんにお話を訊きました。

■なぜ文芸誌の発行部数は激減してしまったのか

文芸誌は、文藝春秋であれば『文学界』、新潮社であれば『新潮』、講談社であれば『群像』など、各出版社から発行されていますが、現在ではどの文芸誌も、細々と生きながらえている状況です。『文学界』も、1960年代から1980年前くらいまでは、発行部数は月3万部弱ほどで推移してきました。減少し始めたのは80年前後。今では1万部くらいになっています。

青木:これ、正直言うと赤字ですよね?
武藤:雑誌単体では赤字です。
青木:では、何で黒字になるんですか?
武藤:雑誌に載ったものからベストセラーになる小説が出て、それが文庫なり、さらにほかのメディアに二次使用、三次使用ということが出てきた場合に黒字になるということですね。

文芸誌の発行部数が激減した原因は、どこにあるのでしょうか? 武藤さんはふたつの理由を挙げました。

武藤:まずひとつはオイルショック。紙の原価がどんどん上がっていく中で雑誌の値段もどんどん上がっていって、数年で5倍ぐらいになった。その値上げの段階で買わなくなる人が増えたことが推測されます。もうひとつ、やはり70年代以降は、テレビや漫画などのサブカルチャーも含め、表現に触れるチャンネルが多様化していったことだと思います。
青木:娯楽がものすごく多様化してくるということですね。
武藤:はい。その中で、紙の雑誌で小説をいち早く読みたい、という読者がどんどん減ってきてしまったのはでないかと思います。

■文芸誌が紙からネットに移行されない理由

文芸誌をデジタルな場に置き換える試みも行われていますが、「現状ではうまくいっていない」とのこと。

武藤:多くの人がスマートフォンの画面を通じてインターネットに触れています。長く没入する感覚を必要とする純文学を、スマホの画面で見るというのはなかなか厳しい。それから、ネットの中で創作物一つひとつにお金を払うという習慣がまだ根づいていないので、電子雑誌の制作に見合うだけのコストを得られない。となると、今の紙のまま出し続けるのと経済的な意味においては大差はないというわけです。
青木:なるほど。活字文化は今、非常に苦しい状況に置かれています。ネットの時代でどうすればいいのか、答えはなかなか見つからない。そんな中、ニュースサイトはいろいろ生まれ、これからどうなるか注目したい媒体もありますが、文学の世界は将来が見えないということですね。
武藤:過渡期です。どこかに展望はあるのかもしれないけれど、それが何かは我々もまだ見えていない段階ですね。

■ネット社会で純文学が生き残っていくためには

文学は芸術や文化でもありますが、出版社は慈善事業ではなく、売り上げを立てる必要があります。ネット社会において、文学をより活性化させるためにはどうすればよいのでしょうか。武藤さんが大事だと考えているのが「作家というひとりの人間の想像力」です。

武藤:小説を読むことで読者が何を得るかというと、自分が経験したことのない人生を疑似的に生きられるということ。バーチャルリアリティという言葉がありますが、今ある時間や空間を一瞬でも出られるということで、それが小説の最大の力だと思うんです。この力は、どんな時代になっても変わることはない。逆に言えば、普通の人の考えを凌駕できるような想像力を持つ作家を見つけていくことが、文学が長く続いていく唯一の手段ではないかと思っています。

文学が消え去ることはないとはいえ、現在は過渡期だと話した武藤さん。文芸誌の編集長として、今後も模索する日々は続きそうです。

30 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 14:08:15.24 ID:yZH8cDWC0.net

133. 名無しさん@ほしゅそく 2013年08月25日 18:34 ID:.FGncw.b0 このコメントへ返信
小学校での社会で、南京での日本兵の残虐さを先生が熱く語ってた。
生まれて初めて聞く悪魔のような所業に、無垢な心はビックリ!日本がごめんなさいの気持ちと、
自分も残虐な血を受け継いでるのだと罪の意識も。
でも子供心にも優しくて、他人の事を考えすぎて時に弱気にさえなってしまう程の日本人が戦争になったら
急に悪魔に豹変してしまうの?とずっと不思議だった。
疑問を持ちながらもそれからずっと長い間お花畑の住人だった。
真実を知った時、何の疑問も感じずに胸にストンと入ってきて納得できた。
そして今まで騙されてた事、騙してた奴らに深い憎しみを感じた。

2014/11/05 【社会】村上春樹「日本人には自分たちが戦争加害者でもあったという発想が基本的に希薄だし、その傾向はますます強くなっている」★9(c)2ch.net

↑こいつ、稀代のバカ作家

70 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 15:14:48.10 ID:Hj2yivn60.net

>>1
>まずひとつはオイルショック。紙の原価がどんどん上がっていく中で雑誌の値段もどんどん上がっていって、数年で5倍ぐらいになった。

「便乗値上げをいちばんしてる」と思われたんだよw

28 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 14:06:08.39 ID:5nich1190.net

未来なんてねーよ

キモオタしか読まない気色悪いラノベに駆逐されて消え去るのみ

85 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 16:50:24.05 ID:ZqLTCf3Q0.net

芸術家ごっこしたいタレントの玩具でいいじゃん日本文学なんて
日本の貧乏人のしみったれた日常話なんか読むより世界文学読むほうがずっと有益だしな

111 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 22:05:28.91 ID:k5klN+1Q0.net

昔は太宰みたいなクズキャラなんて滅多に居なくて、現代はクズで溢れてるとしたら、
純文学読んでも作者の日記くらいにしか感じないんじゃない?

87 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 16:56:24.48 ID:iW7KmCMq0.net

文学なんて読みたい人だけが読めばいいものだけど、ビジネスとして考えるとそれだけでは成り立たない。普段本を読まない人が読むことでベストセラーが生まれる。ならば普段本を読まない人が読むような本を出版すればいいじゃない。

78 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 15:49:01.55 ID:7QZ9QCGg0.net

JAZZもそうなんだけど
昔の名人偉人の作品でいいじゃんて感じ

7 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 13:50:44.83 ID:AW0wOt/O0.net

縮小すべきだよ。役目は終わった
感情を伝えるなら肉声や音楽が上。風景や姿形などなら写真やイラストが上

108 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 21:53:58.46 ID:Zg/32A6t0.net

>>2
純喫茶というのは女給さんがなんかする喫茶店と区別するために生まれた言葉だそうだ
つまり純文学というのは女の子が登場しない男だらけの文学ということだろう

134 :名無しさん@恐縮です:2019/05/24(金) 16:52:15.31 ID:UO83o8u70.net

純文学の『文章をいかにして飾りたてるか』という大命題はスマホ時代の読者に合わない

35 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 14:13:03.31 ID:4OkZwYhZ0.net

>>19
「穿つ」て、時間の経過もいいあらわしてるよね
写真は一瞬の切り取り

88 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 16:58:35.52 ID:zG/N5c3h0.net

認めてしまえ オタクの娯楽だと

76 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 15:47:49.40 ID:aC3GbZ2W0.net

ヒント 純喫茶

93 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 17:08:28.43 ID:iNZHt04T0.net

リアリティだよ!リアリティこそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり、
リアリティこそがエンターテイメントなのさ

128 :名無しさん@恐縮です:2019/05/24(金) 15:17:45.30 ID:YaborGlE0.net

オイルショックだの70年代以降は〜だのなんて昭和だろ
役割を終えたものが50年近く無駄に延命してるだけ

11 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 13:52:58.83 ID:ihEbDu1Z0.net

ラノベに純文学っぽいのがあるんだが

48 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 14:27:17.49 ID:xX9TkZV10.net

なろう系のページはインターネットアーカイブに保存拒否してるからページ削除したらもう消滅で書籍化してない限り永久に残らんよ

142 :名無しさん@恐縮です:2019/05/24(金) 18:36:17.75 ID:Kn5E0YQ/0.net

本読め本読め言うけど
今どきの芥川賞なんか糞くだらねぇのばっかだぞ

4 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 13:48:50.57 ID:GNiDdxKE0.net

>>1
3行以上の文章が読めないのに小説なんて

132 :名無しさん@恐縮です:2019/05/24(金) 15:24:48.08 ID:OAUVEh+Q0.net

芥川賞って年2回あるから全然ありがたみないよね

143 :名無しさん@恐縮です:2019/05/25(土) 11:23:15.76 ID:a3tuGuZk0.net

盗作があやうく芥川賞をとりかけたくらい人材難なのが純文学

118 :名無しさん@恐縮です:2019/05/24(金) 00:39:01.60 ID:bmCe6hnH0.net

ネット時代以前は想像力必要無かったかのような

73 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 15:34:37.16 ID:IVd0XUoj0.net

知的想像力だよな
SFとかミステリーはそこそこ知識いるから
それか芸術的な感動

86 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 16:54:23.23 ID:LdO259C50.net

>>66
ラノベじゃん
それじゃ意味ないよ

まあラノベももう落ちてきてるらしいけど

130 :名無しさん@恐縮です:2019/05/24(金) 15:19:39.00 ID:kP6fpmdf0.net

作品を集めるのは容易になったけど金に換えるとなるとね

112 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 22:06:59.90 ID:7SgYleCN0.net

文芸誌も潰れて新人発掘できなくなるから想像の中でデビューしてください

18 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 13:59:45.12 ID:k/MQvvyU0.net

>>16 おい、危うく騙されるところだったぞ。

92 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 17:07:48.32 ID:633BIPyC0.net

おれがどんなに面白いブログ書いても参照3とかだものな
誰かの悪口を書くと多少100ぐらいまでは行くが
元気だね鈴木くん?
かなんとかいうマンガ家が画像をアップしただけで
気持ち玉が100個とかだものな

おれにこれ以上どうしろと?

【気持ち玉】
まあなんていうかツイッターの「いいね」みたいなもの

69 :名無しさん@恐縮です:2019/05/23(木) 15:01:09.69 ID:wPLIGu/10.net

まず私小説はやめるべき
こんなものは己の日記帳にでも書いとけ

145 :名無しさん@恐縮です:2019/05/25(土) 13:35:15.78 ID:rbSGmfeP0.net

>>143
未だ必死に売ろうとしてるからね
あのタレント崩れの切り貼り作家を