【歴史】三国志の英雄・曹操、劉備、孫権は史実でも本当にすごかったのか ★4

1 :樽悶 ★:2019/08/28(水) 07:00:41.17 ID:7ymxuKcb9.net

東京国立博物館の特別展で話題となっている「三国志」。現在発売中の月刊誌『歴史街道』9月号では、「三国志・男たちの五大決戦」と題し、官渡、赤壁、五丈原など5つの決戦を取り上げ、名将たちがいかに決断したかに迫っている。

(前略)ここでは、三国志研究の第一人者である渡邉義浩氏による解説を紹介しよう。

※省略

『演義』では悪玉とされる曹操ですが、史実においては、桁外れの行動力と変革力を発揮しており、規格外の「時代の変革者」と評せます。当代随一の兵法家でもあり、この時代における一番の天才といってもいいでしょう。

彼が成そうとした最大の変革として、「儒教の相対化」が挙げられます。漢の国教とされた儒教は、漢を「聖漢」、すなわち「聖なる漢」との教えを説き、その体制を支えていました。

しかし、そうした漢の体制が行き詰って、国が乱れているわけですから、曹操は新たな時代を創造するためには、儒教第一主義を否定しなければならないと考えました。

その手始めとして、「唯才主義」による人材登用を主張します。それまでの漢の官僚登用は「孝廉」、つまり人として優れていれば、官僚としての才能も保証される、という儒教理念に基づいて行なわれてきました。

それに対して曹操は、貪欲だったり、賄賂を受け取るような人物であっても、才能さえあればいいとしたのです。

あわせて文学を宣揚し、儒教に通じているか否かではなく、文学に優れているか否かを人事基準として、儒教を相対化しようとしました。

中国史上でも、儒教に異議申し立てをしたのは、ほかに近代以降の魯迅と毛沢東しかいません。曹操が果たそうとしたことは、それほどまでに革新的なことだったのです。

余談ですが、それによって儒教は打撃を受け、それまで普及していなかった仏教が後に広まる契機となります。それがなければ、日本への仏教渡来もどうなったかわからず、その意味で曹操は日本史にも影響を与えているのです。

それから曹操は、漢の土地制度と税制を根本から変える改革も行なっており、「中国史上屈指の改革者」と評して過言ではありません。

三国志の時代は、順当に行けば、袁紹による国家ができたことでしょう。名門の家系に生まれただけでなく、戦い方も王道です。彼は、漢と同じ国家像を志向しています。しかし滅びゆく漢と同じことをしても、無理があります。

そうした袁紹に対し、曹操は漢に代わる新たな国家像を提示できた。だからこそ、勝利を収められたのではないでしょうか。

なお、10年ほど前、中国河南省で西高穴二号墓が発掘され、曹操の墓ではないかと話題となったことは、記憶に新しいのではないでしょうか。発掘状況と文献を精査すると、曹操の墓で確実だといえます。

■劉備は諸葛亮に利用された

※省略

三国志の時代に、裸一貫から皇帝にまで上り詰めたのは、劉備ただ一人です。曹操は漢の高官の息子ですし、孫権も弱小とはいえ豪族の出身。何もないところから成り上がった劉備の能力は、やはり極めて高かったといえます。

劉備を支えた諸葛亮は、『演義』では天才軍師として描かれます。しかし、持ち上げられすぎているきらいがあり、それがために苦手という人もいるでしょう。

実際の諸葛亮は、自分の得手不得手をよくわきまえた人物で、経済政策を苦手としていました。ですから例えば、劉備に嫌われていながらも、経済手腕には長じていた劉巴を、何とか高い地位につけようとしています。

戦いの面で言えば、戦略と戦術に分けられますが、諸葛亮は戦術が苦手でした。戦術は騙し合いの世界なので、どちらかというと、人格者ではないほうが優れている。その点、諸葛亮はまっとうな人間であり、嘘や騙し合いの必要な戦術は、さほど得意ではなかったと思われます。

しかし、戦略には優れていました。よく「天下三分の計」といいますが、それ自体は、あの時代であれば考え得ることでしょう。むしろ特筆すべきは、劉備という存在に目をつけたことにあります。

諸葛亮は、漢を敬慕し、純粋に「漢再興」を目指していました。ですから、劉備に三顧の礼を受けた時、内心狂喜したのではないでしょうか。

諸葛亮は、劉備が漢帝室の姓を持つことと、彼が優れた武人であることに注目し、漢再興の旗頭として位置づけることを考え出した──。(続きはソース)

8/27(火) 12:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010000-php_r-pol

★1:2019/08/27(火) 23:45:46.81
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566927388/

275 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:52:20.56 ID:jRAFNsVX0.net

諸葛亮は現代日本で言ったら官僚と幕僚長兼任してるようなもん

494 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 08:20:09.98 ID:qj544vO+0.net

>>481
ただの猿だったな

910 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:32:18.82 ID:GqMoLeTt0.net

>>721
ボディブローかましてガード下げてからストレート←戦術
チャンピオンに勝てそうにないから階級を代える←戦略

332 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 08:00:30.92 ID:bB67hxch0.net

才があれば悪人でも用いる。
これはカリスマ一代限りでのみ通用する事で、かならず短命に終わる
漢300年、魏30年。 しかも部下により曹家根絶やし。
結局
孝廉300年
唯才主義30年

789 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:08:13.34 ID:I05jmCTC0.net

三国志以後の歴史において
如何に魏と曹操を下げるかが治世者の命題だったからな

859 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:23:43.78 ID:xQzQH6fB0.net

チンギスの場合は耶律楚材の影響が大きいのかな?
当時の蒙古なんてほぼ学なんてないでしょうに

123 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:30:30.83 ID:/vG8x9u6O.net

>>1
チビ、裏切り者、無能二世

499 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 08:21:10.05 ID:Rh/I1D/e0.net

シナーの資料は怪しい

36 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:13:21.80 ID:qsR11jRi0.net

>>23
張飛さんに対し、
あんな戦争野郎と話すことはねえと言い放った劉巴さんかっけー

79 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:21:36.24 ID:0lQmT3lF0.net

世界大戦中の日本人ですら、今の俺らじゃ太刀打ちできないレベルに思えるのに、2000年前の人間とか神レベルだろ

528 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 08:25:11.97 ID:S3ypS4Wn0.net

>>216
沁園春読んでる?

273 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:52:16.99 ID:T7CSZML70.net

曹操は初期のころから自分が逃げるために、無関係の村人を虐殺する犯罪者。
権力獲るためには何でもありが脈々と流れてる国家

803 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:11:50.70 ID:jl72R4fC0.net

>>761
8÷2(2+2)は盛り上がっただろうに…
もう忘れたのか???

973 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:46:22.61 ID:UnzrKsDH0.net

>>955
でも孫呉の江南開拓が、ちょい後の西晋が異民族王朝に倒されたときに
漢民族が落ち延びて生き残るための生命線になってたりするので
実は中国史全体に残した功績としては、曹操より孫権のほうが大きかったり

127 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:30:49.34 ID:XFt/cXeH0.net

こやつめハハハ

788 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:07:33.56 ID:F4WumBQx0.net

>>774
あるわw

856 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:22:28.05 ID:xE54RyHF0.net

近年で一番感動したのは演義で完全に架空のものとされてた董卓の?城が
実在してたことが判明したことかな

942 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:37:01.95 ID:SysakBa40.net

>>932
殺人ランキング

毛 4000
☆ 2000
髭 600(諸説あります)

135 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:32:26.40 ID:D7w2MGP/0.net

>>116
竹林の七賢というよりちんちくりんのいちげんさんばっかりだけどなw

71 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:20:23.55 ID:jss/2ZWh0.net

劉備は天才的な詐欺師で超悪党だったという中国人が書いた新書は読んだことある

616 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 08:36:43.79 ID:/rJ56gm10.net

毛主席、曹操の詩を揮毫 2018-03-05

会見の際、石橋氏はこの千載一遇のチャンスを逃すまいと、毛主席に揮毫を所望したそうだが、快諾した毛主席は、10月7日、曹操の有名な詩『亀雖寿』を画仙紙にしたためて贈られた。

曹操の詩は四言詩で、14行56字からなっており、さわりの部分を抜き書きしてみよう。
神亀雖寿, 猶有竟時,(神亀は寿といえどもなお終わる時あり)
騰蛇乗霧, 終為土灰。(騰蛇――竜は霧に乗ずるも ついには土灰となる)
老驥伏櫪, 志在千里,(老驥――老いたる馬は櫪に伏すも 志 千里に在り)
烈士暮年, 壮心不已。(烈士暮年 壮心やまず)

ところで歴史上の人物・曹操に関しては、『三国志演義』や中国の芝居では一様に悪玉に扱われているが、
これは劉備や諸葛亮の蜀の国を正統と見なす観点から来ているもので、実のところ曹操は大変に優れた軍事家、政治家、文学者だったと中国の歴史家の間で定評がある。
曹操のこの詩は、素朴でしかも目に見えるような形で、生死に関する不変の法則を説き、積極的な進取の精神を歌い上げているため、毛主席に大変愛されていたそうである。

64年秋以降、私は新華社記者として日本に駐在していたころ、取材で東京豊島区の中落合にある石橋氏のお宅に何回か伺ったが、
玄関のドアの上に、額に入った毛主席直筆の曹操の詩が掲げられているのを目にしたことがある。
素人の私にはよく分からないが、毛主席の書は、『亀雖寿』の詩作を胸に、一気呵成に書き上げ、力強く勢いがあり、雄渾天成の感を与える、ともっぱらの評判である。
http://www.peoplechina.com.cn/zlk/mh/201803/t20180305_800119983.html

421 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 08:10:37.77 ID:0lQmT3lF0.net

諸葛亮は内政官向きで劉備存命の頃は兵を指揮してなくて、劉備の死後に兵を指揮しだして勝ちほぼなし状態じゃないっけ

3 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:02:44.43 ID:Y05RYWxB0.net

>>1
読み物としてはともあれこれはニュースかね

949 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:38:25.01 ID:81TS5hqHO.net

>>754
曹操は兵学家として孫子の編集という現代まで残る実績があるからな

211 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:44:31.03 ID:9reB+Yz60.net

なんといっても三人とも美少女っていうのがイイネ!

754 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:00:05.92 ID:8VzWYkwv0.net

>>1
よく曹操と諸葛孔明が比較されるけど軍略家として孔明は曹操の足元にも及ばないって評価が多いな

演義じゃ持ち上げられすぎてるのか

231 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:47:13.68 ID:JQWHRi9O0.net

>>174
 
北方謙三 三国志

282 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:53:16.93 ID:TjaCXJfX0.net

>>277
安心してくれ
ただの変な夢だ

895 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 09:29:35.20 ID:fIw0aczd0.net

>>875
年月経つ度に魏(晋)と国力差が開いていくだけやん
引きこもってワンちゃん狙いなんて到底無理だろw

21 :名無しさん@1周年:2019/08/28(水) 07:09:29.31 ID:pki1jzex0.net

昔の中国人は偉大だよなぁ
尊敬できる人物も多い

今の中国人にはそんな人物いるのだろうか